アンティーク調の雑貨で落ち着いたお部屋に!

人気のアンティーク調雑貨のあるお部屋

アンティークとは

アンティークという言葉自体はそれほど珍しいものではありません。
ヴィンテージと並んで、テレビなどでもたまに耳にすることがあります。
なんとなく古めかしいもの、という印象を持っている人も多いのではないでしょうか。
では、そもそもどういった意味があるのでしょうか。

アンティークとは、製造されてから100年以上経過したもので、芸術的価値、美術的価値があるもの、と定義されています。
その内容は様々で、例えば家具や衣類、道具やアクセサリー、インテリアなどが挙げられます。
つまり、本物のアンティークとなれば価値が高くなり、同時に価格も相応に高くなります。
家庭で気軽に楽しむものとしては、アンティーク「調」のものになるんですね。

アンティーク調雑貨の特徴

次に、アンティーク調の雑貨の特徴を見ていきましょう。

・古めかしい雰囲気
前述した通り、アンティークとは100年以上経過したものとなります。
その雰囲気を模したものですので、当然近代的なものではなく、古めかしい雰囲気が特徴の一つです。

・ブラウン基調
かつて政策に使用していたものが木材であったことが大きな原因の一つだと考えられますが、ブラウン色のものが多いです。
ただし、一言にブラウンといっても濃いものや薄いもの、木目調の違いなど、たくさんの違いが楽しめるもの特徴の一つです。

・海外のような雰囲気
どことなく海外の雰囲気を感じさせるものがたくさんあるのも特徴の一つです。
もちろん日本製のアンティークもあるのですが、ヨーロッパを彷彿とさせる雑貨が多く人気もあります。